NIPTはサポート充実な【認証施設】で受けましょう!

NIPT(新型出生前検査)は今まで大学病院といった総合病院でしか認証施設登録が認められておらず、 検査ハードルが非常に高かったため、多くの妊婦方は遺伝カウンセリングもできない非認証施設等で検査を受けています。
ただ多くの非認証施設の担当医師は産婦人科専門でもない他科の医師であり、 陽性の結果をもらった場合相談できる医師がいなく、様々な社会問題が起きていました。
このような現状を踏まえ、今回やっと出生前検査認証制度が見直され、 大学病院のような基幹病院と連携した形でクリニックでも認証施設としてNIPT検査ができるようになりました。
産婦人科医でありながら、豊富な遺伝知識を持っている専門医がいるなど厳しい条件であるため検査ができる認証施設はまだまだ限られていますが、 当院はすべての条件をクリアし、 順天堂大学医学部順天堂医院の連携施設として、NIPT検査ができるようになりました。
また、当院ではNIPT検査当日とご来院で結果説明を受ける場合、パートナーの方も同伴可能としております。
検査をご検討される方は当院の特徴、検査の詳細などをご確認いただけると幸いです。


NIPTってどんな検査?

NIPTは母体血を用いた出生前遺伝学的検査であり新型出生前診断とも呼ばれます。
非確定検査ではありますが、他の検査と比較し染色体異常のリスクをより正確に評価できる出生前検査になります。
NIPT検査の詳細については日本医学会・出生前検査認証制度等運営委員会が発表した資料もご確認いただけます。
こちらから確認できます。

当院の特徴:NIPT認証施設である事

当院は順天堂医院と連携している認証施設であります。認証施設はNIPT委員会が定めている厳しい条件をクリアできた施設だけに与えられるものであり、 大学病院と連携し、出生前検査に対して一貫したサポートができるメリットがあります。

目次に戻る

当院の特徴:NIPT検査当日に無料で胎児心拍確認を行います。

NIPTは採血のみでできる検査であるため、当日は赤ちゃんを診る事なく検査をする事がほとんどです。
特に非認可施設は担当の医師が産婦人科じゃない場合が多いため、技術的に胎児心拍確認が難しい事がほとんどです。
ただ週数的には検査の時点で残念ながらすでに胎児がお腹の中でなくなっている可能性もあります。
その可能性をゼロにすべく、当院では妊婦様が安心して検査を受けれるように、当日検査の直前に胎児心拍を確認します。
妊婦健診もやっている施設ならではメリットとも言えます。

目次に戻る

当院の特徴:無料で羊水検査

NIPTで陽性判定がでた場合は、遺伝カウンセリング実施後当院で無料で羊水検査を実施し確定診断を行います。
当院の院長がすべての羊水検査を担当しますので、ご自身で羊水検査実施可能施設を探す必要はありません。

目次に戻る

当院の特徴:胎児初期精密超音波を追加料金1万円(税別)で受けられます。

NIPTは実施した方はご希望があれば通常2万円以上をする初期胎児精密超音波を1万円のプラス料金でご提供しております。
NIPT検査結果が陰性であれば超音波検査は受ける必要がないと思われがちですが、NIPTで確認できるのは特定の染色体異常しかありません。
染色体異常は胎児の先天性異常の25%程度と言われているため、NIPTが陰性だから赤ちゃんに異常がないとは限りません。
染色体異常とは関係のない重大な胎児異常は数多くあります。
初期精密超音波では無脳症、大きな髄膜瘤、腹壁破裂、臍帯ヘルニアのような胎児染色体と関係のない病気を見つける事ができます。
これらの病気は健診施設で行う20週頃の中期胎児超音波でも確認できる事もありますが、 妊娠12〜14週頃の早いタイミングで確認することによって、今後の対応を時間的余裕を持ってできるのでメリットは大きいと言えます。

目次に戻る

費用・検査時期・検査対象

費用

121,000円(税込、NIPT陽性判定時の羊水検査費用込み
※診察料+結果説明時再診料が含まれます

NIPTで陽性判定がでた場合は、遺伝カウンセリング実施後当院で無料で羊水検査を実施し確定診断を行います。
当院の院長がすべての羊水検査を担当しますので、ご自身で羊水検査実施可能施設を探す必要はありません。

目次に戻る

検査時期

妊娠9~18週まで受ける事ができます。

検査対象

・年齢は問いません
・染色体疾患(21/18/13 トリソミー)に対する不安が強い方
・胎児に染色体疾患(21/18/13 トリソミー)の可能性をクアトロマーカー、コンバインド(オスカー)検査、エコーで指摘された場合
・ご夫婦のいずれかにロバートソン転座がある場合

目次に戻る

予約について

■ Web予約(必ずNIPT枠でご予約ください)
※NIPTと当日に胎児精密超音波検査をご希望の方は水曜日午前のNIPT枠でご予約ください。
WEB予約はこちらから

■ 電話予約
上記Web予約可能時間帯以外をご希望の方はお電話ください。
  050-3183-6213 

目次に戻る

事前準備・当日の持ち物

■ NIPT説明書(事前に一読頂けますと、検査当日はスムーズになります。)
NIPT説明書
■ NIPT同意書
NIPT同意書ダウンロード
※特別な事情がない限り、パートナー署名がない時は検査当日お渡しし、後日郵送をお願いしております。
■ 健康保険証(本人確認書類)
■ 紹介状は不要ですが、妊婦健診でご指摘受けた場合にはお持ち下さい。

目次に戻る

当日の流れ(所要時間30~60分)

※パートナーの方も同伴可能です。
①胎児心拍確認(全例行います。追加費用はかかりません。)
ご希望の方は胎児精密超音波。追加費用11,000円(税込)かかります。
②カウンセリング
③採血
④会計

目次に戻る

結果開示方法

下記2種類から選択可能です。
■ 郵送+電話
レターパックプラスでご自身が記入した住所に送ります。
送料は500円かかります。
■ 来院
※パートナーの方も同伴可能です。

目次に戻る

よくある質問

質問:NIPTの対象となる疾患はなんですか?

21トリソミー(ダウン症候群)
18トリソミー(エドワーズ症候群)
13トリソミー(バトウ症候群)となります。
※その他の疾患に関しては検査の精度に関する検証が不十分で対象となりません。

質問:性別は分かりますか?

この検査で性別はわかりません。

目次に戻る

質問:非認可施設では全部の染色体異常がわかるものもあると聞きましたが、他の検査はしなくても良いですか?

21、18、13番染色体以外の染色体異常のほとんどは重大な疾患が合併する事が多く、妊娠初期に自然流産される事がほとんどです。
12週を超えて流産せずお腹の中で育っている染色体異常の胎児のほとんどは上記3つの染色体異常が占めております。
もちろんそれ以外にターナー症候群のような性染色体異常のおこさんもいますが、そもそも性染色体異常のお子さんは生命予後が非常に良く、知能もほぼ正常な方が多いです。
これらの異常で妊娠を諦める事を選択するのはお勧めできないと考えております。

また微小欠損等に関しては現時点で医学的に障害の程度がはっきり分かってないものも多く、NIPTで指摘された場合に、その後の対応に非常に困る事も多くあります。
微小欠損を持って生まれたお子さんの中には、正常の子と何も変わらない子もたくさんいます。
必ずしもたくさん知れば知るほど良いって問題でもないと思います。

またNIPTは今まで蓄積された研究データーによって確立された検査方法です。
この3つ以外の染色体異常はそもそもデーターも少なく、検査の精度が確立されておりません。

これらを踏まえ、認証施設でのNIPT検査は現時点では上記3つの染色体異常の検出に限って検査ができるようになっております。

質問:年齢制限ありますか?

年齢制限はありません。最近まで認証施設では35歳以上であることが検査の前提になっていましたが、現在はその制限がなくなりました。
基本的には赤ちゃんの染色体異常に不安を持っているすべての妊婦様が受けられます。

目次に戻る

質問:検査は何週で受ける事ができますか?

妊娠9~18週まで受ける事ができます。
ただし当院では以下の理由により12~16週での検査をお勧めします。

理由その1

10週台で検査を受けて、2週間後結果が陽性となった場合、確定診断である羊水検査ができる16週まで1ヶ月ほど待たないといけません。
羊水検査の結果が出るまでの期間は非常に不安が強く、検査を受けたご本人とご家族にとっては辛い時期ではないかと考えます。
なので、あまり早い時期より12週頃が良いのではないかと考えます。
もちろん早く検査を受けて安心したい方であれば10週から検査をお受けする事は可能です。

確定診断には絨毛検査もありますが、絨毛検査は流産リスクが羊水検査よりも高く、実施する施設も非常に少ないのが現状です。
また胎盤モザイクも稀にあるため、羊水検査よりは正確性が少し低いとも言えますので、当院では確定診断として羊水検査を勧めます。

理由その2

12週未満の妊娠はまだまだ自然流産のリスクが高いと言えます。
実は多くの染色体異常の胎児は12週前に流産する事が多いと言われています。
10~11週で検査を受けて結果が12~13週頃出るとすると、もしかしたら結果がでた頃には胎児は心拍がなくなっていた事もあります。
高価な検査なので、なるべくこのような事は避けたいところです。

目次に戻る

理由その3

17週以降に検査を受けると結果が出るのが19週頃になります。
もし陽性判定となったら羊水検査を受ける必要がありますが、羊水検査の結果は2~3週間かかる場合があります。
日本では法律的に妊娠22週0日からは如何なる理由でも妊娠を諦める事ができません。
逆算すると17週以降で検査を受けると時間的余裕がほとんどなく、確定診断がついた時点ではもう22週を超えている可能性もあります。

上記理由から当院では12~16週頃の検査をお勧めします。

質問:検査を受けるには必ずパートナーと揃って受診しないといけないですか?

お一人でのご来院でも結構です。
ただ二人の大事な赤ちゃんの事ですので、パートナーの方も検査に同意する必要があります。
同意書は以下のリンクからダウンロードできますので、ご自宅で印刷してご本人とパートナー欄にご署名頂いて検査当日にお持ち下さい。
NIPT同意書ダウンロード

質問:結果説明は必ず受診する必要があるんですか?

郵送でも対応します。
レターパックプラスでご自身が記入した住所に送ります。
対面でお届けし、受領印をいただく形ですので、個人情報もしっかり守られます。送料は500円ご負担頂きます。
結果到着後医師から電話で結果説明もしますので、ご安心下さい。

目次に戻る