人工妊娠中絶

※当院では妊娠9週まで対応します。

妊娠、出産は一人の女性にとっては一生に関わる大イベントです。
妊娠しても産むか産まないかは自分の意思で決めるべきであり、女性には産む権利も産まない権利もあります。
私は普段は妊娠されている方の診察を日々しており、最大限にサポートします。ただ、いろいろな事情があって望まない妊娠をした方の産まないという選択も尊重し、お手伝いをしたいと考えております。
処置はできるだけ苦痛のないように進め、次の妊娠にもつなげられるようにと考えております。医師を含め、全員女性スタッフが丁寧に対応しております。

手術には2つの方法があると聞いたが、どっちを使っているの?

当院では世界保健機関(WHO)で推奨している吸引法である手動真空吸引法(MVA)を採用しております。週数・症例によっては掻爬法を併用することもあります。

手動真空吸引法(MVA)ってなんのメリットがあるの?

MVAは子宮により優しく、合併症の少ないメリットがあります。

①痛みが少ない

処置の中では頸管を広げる処置が一番痛い過程です。
MVA法は子宮内に挿入する器具の先端が細いため、頸管をより処置の痛みが軽減されます。処置もより短時間で終わるため、少ない麻酔薬で済みます。

②子宮内膜に優しい

MVA法では子宮の中身を吸引するだけであり、子宮内膜を傷つける事がなく、手術のあとに内膜が薄くなることが少ないといえます。

③感染リスクが低い

電動吸引法、掻爬法だと使用する器具が多く、洗浄、滅菌操作が煩雑であるため、感染のリスクが懸念されます。
MVAは一人に1セットで使い捨てタイプであるため、処理による感染リスクは極端に軽減されます。

④子宮穿孔リスクが低い

MVAはすべての部品が柔らかい素材でありため、子宮穿孔のリスクがかなり軽減されます。


人工妊娠中絶をお考えの方へ

妊娠検査で妊娠が発覚し、今回の妊娠を諦めるとしても、手術の前に必ず確認しないといけない事項があります。

今回の妊娠が正常妊娠である事が大前提です。子宮外妊娠、胞状奇胎といった病気の可能性もありますので、ちゃんと診断もせず、急いで中絶手術だけするのは非常に危険です!

以上の事を踏まえ、当クリニックで人工妊娠中絶をご希望される方の手術までの流れは以下のようにお願いします。

①正常妊娠の確認

妊娠が発覚し、クリニックに受診するとまず子宮内に赤ちゃんの部屋(胎嚢と言います)がちゃんとあるかどうかを超音波で確認します。妊娠週数相当の胎嚢があり、形も正常であれば基本的に正常妊娠の可能性が高いと考えます。

②感染症検査

正常妊娠と診断されたら、その日に手術前の感染症検査にて血液型、HIV、B型肝炎、C型肝炎等を確認します。アレルギーのある方、内科的持病のある方は事前にお知らせ下さい。内容によってはリスクが高いと判断し、当院では手術ができない事があります。その場合には連携病院にご紹介します。

③手術同意書

手術のリスクの説明を行い、手術同意書をお渡しします。手術の説明は基本的にはご本人だけで大丈夫ですが、未成年の方は必ず保護者の同席が必要です。
当院の予約状況とご本人の都合を確認し手術日を決めます。

手術のまえに一回だけの来院で済むように、初診時おこなった手術前の採血の結果は手術当日に説明します。
結果に異常がないかを事前にチェックしますので、もし異常があればご連絡します。


手術当日注意点

注意点①

午前中に手術する方は朝から絶食で来院してください。食事は前日の夜9時までに済ませ、水、お茶は手術予定の2時間前からは控えて下さい。

注意点②

午後の手術の方は手術予定の6時間前から絶食、2時間前からは飲水も止めて下さい。

注意点③

車や自転車を運転してこないでください。術後はかなりふらつきますので迎えに来ていただくか、電車、バス、タクシーをご利用下さい。

注意点④

コンタクトの方はメガネに変えてきてください。

注意点⑤

手術中に顔色のチェックが出来ませんので、当日化粧はしないで下さい。

注意点⑥

マニキュア・ジェルネイルは必ず落としてからご来院ください。安全な麻酔のためです。

注意点⑦

アクセサリー類(ピアス、ネックレス、指輪、時計など)ははずしてきてください。貴重品はなるべく持ち込まないで下さい。

注意点⑧

当日処置室と術後休憩室にはご本人のみお入りいただきますので、お連れの方は送りと迎えの時だけいらして下さい。


手術当日の持ち物

> 生理用ショーツ
> 夜用ナプキン(2〜3枚)
> 手術同意書を必ずお持ちください。


入院後の流れ

問診

問診を行い体調変化を確認します。血圧と体温等をチェックします。

術前処置は不要

多くの病院では手術前日、もしくは当日に子宮口広げる術前処置を行います。これは強い痛みを伴うことがあります。
当院ではMVAを採用しているため、ほとんどの場合は術前処置が必要ありません。

点滴

点滴をします。最初は麻酔が入っていないもので血管確保のために行います。

麻酔

その後手術台に上がってから静脈麻酔を行います。

手術

手術開始です。手術時間は約5分〜10分です。

リカバリー

手術終了後は休憩室でお休みいただきます。
麻酔が完全に覚めるまで1~2時間かかります。歩けるようになったら、再度診察し問題がない事を確認します。診察終了後はおかえり頂けます。お迎えのかたはそれをめどにしていらしてください。

お薬

術後は抗生物質と子宮収縮剤を処方いたしますのできちんとお飲みください。

再診

処置後2週間を目処に再度受診していただき、問題がないことを確認します。今後のために避妊指導も行います。

費用

※2019年05月14日策定
項目 費用(税別)
妊娠初診料(超音波検査込) ¥7,000
感染症検査 ¥10,000
手術費用
※当院では妊娠9週まで対応可能
¥130,000